ブライダルリング選び|ラザールダイヤモンドが薬指を彩る時|変わらぬ愛を

ブライダルリング選び

リング

ネット購入に注意

プロポーズあるいは結納の際に、女性に婚約指輪を贈る男性側からは、実店舗で購入するよりも手軽さがウリとなるネットで婚約指輪を選ぶケースが増えています。従来、ブライダル専門店で比較や検討して購入するのが主流でしたが、品質はほぼ変わらない点で評価されています。ですが、婚約指輪は生涯において大切な装飾品となり、また、安い買い物ではない点にも注意が必要です。ポイントとなるのは、贈る女性に対してサプライズである場合、女性の好みをリサーチしておくことです。海外・国内ブランドも数多く、同じ品質のものでもデザインや価格などに違いが生じます。その理由としては、ブランドとしての付加価値がつくことも挙げることができます。また、ネットでは実際に手元に届くまでに実物を確認・試着ができないのも気を付けたい点です。高価なため、失敗したくない場合には実店舗で下見をし、贈る女性と共に指輪を選ぶことが適しています。

男性のこだわり

婚約期間中である証に婚約指輪を贈る男性にとって、こだわってオリジナルデザインで製作したいのも内情として挙げられています。普段身に付けるジュエリーとは違い、高価でありながらも身に付ける回数も極端に少ないため、妥協したくないのも男性側の意見です。オーダー式であれば、婚約と言うワードにも相応しく、男性側の品格まで高めることも可能です。ダイヤモンドルースやリングなど、何も決められていない段階で一から作ることに難色を示す場合、セミオーダーでオプションにこだわることでオリジナリティを出すことは可能です。デザインや色彩センスが乏しいなど、男性側は婚約指輪を選ぶだけでも悪戦苦闘するケースは多く、評判・人気の高いデザインから選ぶことができるのも魅力の1つです。